COMPANY'S PROFILE

会社概要
  • 基本情報・拠点・グループ企業
  • 沿革

沿革

1924年 5月 大森区(現東京都大田区)大森3丁目に於いて、高木精二が高木製作所(個人経営)を設立。
1933年 3月 錠前の特許を取得し、製作・販売を行う。
1937年 11月 現在地に移転。軍管理工場となり、航空機部品の製作を行う。
1946年 7月 株式会社高木製作所を設立。 電気、通信機部品等の金型製作、プレス加工を行う。
1963年 4月 設計図面に基づく分割総焼入研削方式、 順送金型の量産・販売を開始。
1964年 4月 精密順送金型の需要増大を見込み、日本大学工学部機械工学科塑性学教授 粟屋先生と共同研究を実施。
1970年 4月 東京大学工学部塑性学教授前田貞三先生を技術顧問に迎え、技術開発を進める。
より一層の高精度化、高機能化、高速化を実現し、順送金型の普及拡大を目標とする。
1977年 4月 更なる金型技術の向上の為、モデルスタンピング工場として森ヶ崎工場(東京都大田区)を新設、稼動開始。
1980年 4月 金型メンテナンス、オーバーホールを主体とした藤沢工場(神奈川県藤沢市)を新設、稼動開始。
メンテナンス部品の迅速な供給とコスト削減を図る。
1984年 2月 高精度、短納期、低コストの要求に応えるべく、CAD/CAMシステムを導入。 NC工作機械群の夜間無人稼動体制を構築。
1987年 4月 プラスチック金型の需要増大を見込みプラスチック金型の生産を開始。
1988年 4月 森ヶ崎工場と藤沢工場の業務を全面移管し、いわき工場(福島県いわき市)を新設、稼動開始。
スタンピング加工部門、金型部門とも、24時間稼動体制を確立。ジャストインタイムの納期対応と、部門統合による効率化を実現。
1990年 9月 スタンピング加工能力拡大の為、 いわき工場に新棟を増築、稼動開始。 品質管理体制の充実を図るべく、統合システムを導入。
1992年 6月 販売管理部門が分離独立し、株式会社ティー・ピー・エスを設立。
金型製作で培った技術のさらなる発展、トータル・プレシジョン・システム「技術をアートする」会社を目指す。
1992年 12月 より高度な固有技術を追求する為、製造部門が分離独立。東北テクトロン株式会社、
東北ハイモール株式会社、中央ハイモール株式会社を設立し、株式会社ティー・ピー・エスグループとする。
1994年 10月 九州プラテック株式会社(福岡県大野城市)を新設。中央ハイモール株式会社の業務を移管、稼動開始。プラスチック金型の生産
だけでなく、プラスチック成形加工を行い、金属とプラスチックの金型から量産迄の体制を整える。
1995年 4月 プレス機械メーカーと共同で、超高速プレス機(2000SPM)を開発、導入。超高速スタンピング用金型の開発が完了し、
超高速スタンピング量産体制を確立する。製品品質向上と金型製作台数の削減、製品コスト低減の要求に応える。
1996年 4月 超高速プレス機(3000SPM)2台導入。
1996年 10月 被加工材のスタンピング加工後の残留応力を考慮した、狭小ピッチコネクター用超精密金型の開発を完了。
1997年 12月 トータル・プレシジョン・システムの一環として、組み立て部門、東北ハイパーツ株式会社を設立、稼動を開始。
金型製作から完成品迄の体制を整備。
1998年 12月 総合的固有技術の追求と確立の為、東北テクトロン株式会社に東北ハイモール株式会社および東北ハイパーツ株式会社を統合。
2002年 3月 グローバル化に対応すべく天泰精密電子(蘇州)有限公司(中国江蘇省)を設立。 九州プラテック株式会社の業務を移管。
2003年 2月 ISO9001:2000取得。
2005年 3月 本社 神奈川県川崎市武蔵小杉に移転。
2005年 6月 いわき工場にインサートモールド用クリーンルーム工場を新築、稼働を開始。
2007年 12月 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社が実施するサプライヤー審査で品質審査基準に適合し、同社自動車事業本部の
戦略的パートナーに認定される。
2011年 7月 長野工場(長野県茅野市)を新設・稼働を開始。
2013年 7月 TPS International,inc. 設立。
2013年 10月 長野工場に、いわき工場を統合。
2014年 7月 TPS 大阪R&Dセンター設立。
2015年 12月 八ヶ岳工場(長野県茅野市)を新設・稼働開始。